Tips

ワインとチーズのコンビネーション

ワインとチーズを上手に組み合わせるには、地域をテーマにするとよいでしょう。同じエリアのものはぴったりとマッチします。

さらに、ワインとチーズの組み合わせには、香りなどいくつかのキーポイントがあります。...

さらに読む

チーズの盛り付け

チーズの盛り付けには、木、籐、ガラス、石板などナチュラルな素材が適しています。花やフルーツを添えて、チーズボードをデコレーションしても良いでしょう。ただし、チーズの風味を損なわないよう要注意!同じ理由で、シルバーやステンレスなどの素材は、...

さらに読む

チーズの保存方法

チーズは香りが混ざらないように、毎回ひとつひとつ元のパッケージに包んで保存します。

室温や環境が適していたら、チーズは冷蔵庫ではなく、適当なサイズのチーズカバーに入れて常温保存します。チーズカバーは、乾燥を防ぎ、...

さらに読む

パンとチーズ – 情熱的なコンビネーション。

パンは、フランスの食文化には欠かせない、伝統の一部です。

ILE DE FRANCE®のチーズとパンの、おいしい組み合わせをご紹介します。

‐夏はさっぱりと:全粒粉パンやクルミとイチジクのパンに、シェーブルをあわせて...

さらに読む

フランス各地の特産チーズと郷土料理

フランスには、各地方特産のチーズがあります。このページでは、ILE DE FRANCE®がつくられている地域のチーズやその他の特産品、郷土料理を紹介します。

‐ノルマンディー地方:歴史豊かなこの地方のカマンベールは、...

さらに読む

チーズを味わう

チーズは、食べる30分前には冷蔵庫から出しておきます。室温で味わうことで、チーズの風味すべてを堪能できます。

それぞれのチーズをしっかりと味わうために、食べる順番は、若いソフトチーズから始め、...

さらに読む

大切な人とビュッフェのひととき

家族や友だちと、ビュッフェスタイルでチーズを楽しんでみませんか。それぞれが好みのものを選べるビュッフェは、大勢で集まる時にぴったりです。

ILE DE FRANCE®のチーズボードだけでも、素敵な食事になります。

...

さらに読む

1人分のチーズの量とは

パーティーやディナーの準備で、人数分のチーズの量を決めるのは悩みの種です。フランスでは、以下のようにたっぷりとチーズを楽しみます。

‐品数の多いビュッフェのチーズボード:ビュッフェの規模によりますが、チーズの量は1人40g~...

さらに読む

チーズだけ食べてみる

チーズを食べることは、フランスの伝統のひとつです。もちろんシェアして食べるのも楽しみですが、ひとりで過ごすひと時にもぴったりです。

ひとりでのんびりと映画を観たり、音楽を聴いたり、読書をしたり・・・...

さらに読む

冬のチーズボード

冬のチーズボードには、たくさんの風味を取り入れて、暖かな雰囲気を。

ロックフォール、カマンベール、ブリーなど、種類の異なるチーズをスライスして盛り合わせ、バラエティを持たせましょう。

トーストしたパンにのせれば、...

さらに読む

秋のチーズボード

秋の味覚を活かしたごちそうでおもてなし。

チーズとさまざまな食材を盛り合わせて、いつもと違った組み合わせを試してみましょう。

デーツやドライアプリコット、熟したイチジクやぶどう、...

さらに読む

夏のチーズボード

夏らしく、フレッシュな素材を取り入れて、爽やかなチーズボードを作りましょう。

シェーブルとブリーは、アプリコット、ローストピーチ、ラズベリーと相性が良く、口の中にフルーツの甘さとチーズの酸味がほどよく広がります。

...

さらに読む

春のチーズボード

春には、純白のテーブルクロスに、さっぱりとした味わいの淡い色のチーズを組み合わせて。

暖かくなってきたら、ロックフォールやシェーブル、ブリーやカマンベールなど、バラエティ豊かに盛り合わせてみましょう。全粒粉パンや全麦クラッカー、...

さらに読む